AddQuicktagの使い方:作業速度を上げるプラグイン

よく使用する文字を毎回手入力するのは面倒。何か方法はない?

WordPressで記事作成を行う中で、頻繁に使用している文章やHTMLタグはありませんか?

毎回手入力するのは少々面倒ですし、特にHTMLに慣れていない方は、タグを書くのに時間が掛かってしまい作業速度が落ちる原因にもなります。

そんな時は、文章やHTMLタグを登録するだけで、投稿画面からクリック1つで挿入することができる便利なプラグインを活用しましょう。

今回は、WordPressプラグイン「AddQuicktag」の導入から使い方までを解説していきます。

ぶろぐ先生
使い方も簡単だから、AddQuicktagを活用して作業速度を上げよう!

AddQuicktagを導入する

まずは、WordPress管理画面からAddQuicktagをインストールしましょう。

プラグインのインストール

ダッシュボードの左のメニューにある
プラグイン」→「新規追加」を選択します。

 

プラグインを追加する画面が表示されたら、
キーワードに「AddQuicktag」を入力して検索しましょう。

今すぐインストール」をクリックしてしばらく待つと、インストールは完了です。
そのままプラグインを有効化しましょう。

AddQuicktagの使い方

有効化したら、AddQuicktagの設定画面から文章やHTMLタグを登録していきます。

ダッシュボードの左のメニューにある「設定」→「AddQuicktag」を選択します。

設定画面

赤枠で囲っている部分は、最低限入力が必要な項目です。
右の点線で囲んでいるチェックボックスは適用させたい投稿タイプにチェックを入れます。
全てにチェックを入れても問題ありませんが、基本的に個別記事と固定ページで使用するので、「ビジュアルエディター」「post(個別記事)」「page(固定ページ)」にチェックを入れましょう。

ぶろぐ先生
各項目を詳しく説明するね!
赤枠以外の項目の入力は任意でOK!

各項目の説明

  • ボタン名
    投稿画面(エディタ)で表示されるボタンの名前を入力します。
  • ダッシュアイコン(※任意)
    ビジュアルエディターでボタンを適用した際に、ボタン名の横に表示されるアイコンを設定します。
  • ラベル名(※任意)
    ボタンをマウスオーバーした際に表示される説明文を入力します。
  • 開始タグ
    登録させたいHTMLの開始タグを入力します。
    単に文章を登録する場合には、下の終了タグは空白にします。
  • 終了タグ
    開始タグに入力したHTMLの終了タグを入力します。
  • アクセスキー(※任意)
    ショートカットキーを設定します。
  • 順番(※任意)
    エディタに配置されるボタンの順番を設定します。
    空白の場合は、登録順で並べられます。

タグを登録する

実際にHTMLタグを登録してみます。

例として「太字(b)」を登録する場合には、以下のように入力します。

左下の「変更を保存」を忘れずにクリックしましょう。

投稿画面に追加されたか確認する

登録したら、投稿画面にボタンが追加されているか確認をしましょう。

ビジュアルエディタでは「Quicktags」という項目が追加され、展開すると先ほど登録したボタン名が表示されます。
タグを使用する場合には、テキストを選択した状態でここをクリックしましょう。

 

テキストエディタでは、このようにボタンが追加されます。

ボタンを1回クリックすると、自動的に終了タグ(/)のボタンに切り替わります。
開始タグと終了タグでテキストを挟みましょう。

 

AddQuicktagの使い方は以上です。
頻繁に使用するタグをどんどん追加していき、使いやすい投稿画面にしていきましょう。

ぶろぐ先生
ね!簡単でしょ!?

記事を書くのがだいぶ楽になるよ!

まとめ

AddQuicktagの導入から使い方までを解説しました。

長い文章やタグなどをボタン1つで挿入することができるので、記事を書くスピードがぐんと上がります。HTMLに慣れていない方、タイピング速度が遅い方に特にオススメなので、是非この記事を参考にして活用してみてくださいね。