All in One SEO Packの設定方法:SEO対策に欠かせないプラグイン【2018年現在】

All in One SEO Packの設定ってどうやるの?

WordPressでサイト運営を始めた際にまず必要になるであろうプラグイン「All in One SEO Pack

All in One SEO Packはサイト内部のSEOに関する設定を行ってくれるプラグインです。
ディスクリプションの設定やnoindexの設定など、SEO対策には欠かせないことを初心者の方でも簡単に行えるため、集客を成功させたい方はまずインストールしておくべきでしょう。

今回はそのSEO対策が簡単に行える All in One SEO Pack の導入から設定方法までを解説していきます。

All in One SEO Packのインストール

まずはWordPress管理画面(ダッシュボード)から「All in One SEO Pack」をインストールしましょう。

プラグインのインストール

ダッシュボードの左のメニューにある「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

 

プラグインを追加する画面が表示されたら、キーワードに「All in One SEO Pack」を入力して検索しましょう。

今すぐインストール」をクリックしてしばらく待つと、インストールは完了です。
そのままプラグインを有効化しましょう。

All in One SEO Packの設定方法

プラグインを有効化するとダッシュボードの左のメニュー欄に「All in One SEO」という項目が追加されるのでクリックしましょう。

設定画面が表示されたら実際に各項目を設定していきます。

一般設定

まずは一番上にある一般設定から行います。
画像のようにチェックを入れましょう。

CHECK

  • Canonical URL
    URLが異なるにも関わらず同様のコンテンツがあった場合、Googleが評価を下げる対象になります。それを避けるために必ずチェックを入れましょう。
  • ページネイションをCanonical URLsにしない
    文字数が多い記事を複数のページで分けた場合、2ページ目以降を1ページ目と同じ括りで最適化します。
  • 元のタイトルを利用
    他のプラグインを使用してタイトルを設定する方は「有効」にする必要がありますが、今回は「All in One SEO Pack」でタイトルを設定するので「無効」にチェックを入れましょう。
  • Schema.org マークアップを使用
    schema.orgの仕様に沿ってマークアップをすることで検索エンジンにサイトの情報を正確に伝えやすくなります。

 

ホームページ設定

ホームページ設定では、タイトルやサイトの説明文となるディスクリプションの設定を行います。
ここで設定したタイトルやディスクリプションが検索結果にそのまま表示されます。

CHECK

  • ホームタイトル
    サイトのタイトルを記入します。
  • ホームディスクリプション
    サイトの説明文を記入します。
  • ホームキーワード(カンマ区切り)
    サイトに関連するキーワードを記入します。(,)でキーワードを区切りましょう。
  • 代わりに固定フロントページを利用する
    トップページで設定したタイトルとディスクリプションの設定を引用するという意味です。「All in One SEO Pack」で設定するため「無効」にチェックを入れましょう。

 

 タイトル設定

検索結果に表示される各ページのタイトルの設定を行うことができます。
現在はGoogle側でタイトルを調整して検索結果に表示してくれるため「無効」にチェックをします。

CHECK

  • タイトルを書き換える
    「無効」にチェックを入れましょう。

 

カスタム投稿タイプ設定

カスタム投稿タイプとは、投稿する内容に適した投稿タイプを自らカスタマイズするということです。
「投稿」「固定ページ」以外に自分でカスタマイズした投稿タイプを使用して投稿する方は「有効」にチェックを入れましょう。

CHECK

  • カスタム投稿用のSEO
    カスタム投稿タイプを使用していない方も今後使用する可能性もあるため「有効」にチェックを入れておくと良いでしょう。
  • SEO を行う投稿タイプ
    「投稿」と「固定ページ」にチェックを入れましょう。
  • 詳細設定を有効化
    「無効」にチェックを入れましょう。

 

表示設定

記事投稿一覧でAll in One SEO Packでの設定項目が表示されます。
「投稿」「固定ページ」にチェックを入れ、投稿一覧画面を見てみましょう。項目が追加されているはずです。

CHECK

  • カスタム投稿タイプの列ラベルを表示
    「投稿」と「固定ページ」にチェックを入れましょう。

 

ウェブマスター認証

Seach Consoleなどのウェブマスターツールを認証する際に入力します。
通常Seach Consoleの認証はメタタグを直接テーマに記入しなければいけませんが、ここに入力することで簡単にサイト認証を行うことができます。

CHECK

  • Google ウェブマスターツール
    Seach Consoleを認証する際のメタタグを貼り付けましょう。

下の記事の「サイトの所有権の確認作業」で出てくるメタタグをここに貼り付けます。XMLサイトマップもサイト運営に必要不可欠となりますのでついでに作成しておきましょう。

【WordPress】XMLサイトマップを作成してSearch Consoleに登録するやり方

2018.02.20

 

Google 設定

Google関連の設定を行うことができます。ここで設定が必要なのは、Googleアナリティクスの設定だけです。
通常GoogleアナリティクスとWordPressサイトを連携させるためにはトラッキングコードを直接テーマに記入しなければいけませんが、ここに入力することで簡単に連携させることができます。

CHECK

  • GoogleアナリティクスID
    サイトとGoogleアナリティクスを連携させるためにトラッキングIDを貼り付けましょう。

下の記事でGoogleアナリティクスの登録方法を解説しています。ここに出てくる「トラッキングID」を貼り付けてください。

【必須】Googoleアナリティクスとは?導入から使い方まで:アクセス解析ツール

2018.03.05

 

Noindex 設定

noindex設定では検索エンジンにインデックスさせたくないページを設定することができます。
不要なページをnoindexすることによりSEOに良い効果をもたらすため、画像のようにチェックを入れることをオススメします。

CHECK

  • 日付別アーカイブにnoindexを使用
  • 投稿者アーカイブにnoindexを適用
  • タグをnoindexにする
  • 検索ページにnoindexを使用
  • 404ページにnoindexを使用

カテゴリーページはnoindexにしておくべきだという意見も多数あります。その理由はカテゴリーページをインデックスさせることにより、重複コンテンツとしてGoogleから低評価を受ける可能性があるためです。

しかし、カスタマイズ次第で重複しているコンテンツを減らすことはいくらでも可能です。カテゴリーページをオリジナル性の高いページにすることでSEOに良い効果をもたらす場合もあるため、indexにすることを推奨します。

 

詳細設定

詳細設定では以下の2つにチェックを入れましょう。

CHECK

  • ディスクリプションを自動生成
    検索結果に表示される説明文を記事の本文から自動生成します。(※WordPressテーマによっては自動生成されないことがあります。)
  • ページ区切り付きページの説明を削除
    ページ送りのある分割されたページの2ページ目以降のディスクリプションのタグを削除します。

 

キーワード設定

記事のデータからメタキーワードを自動生成します。
現在メタキーワードはSEOに効果的ではないため「無効」にチェックを入れます。

CHECK

  • キーワードを使用
    「無効」にチェックを入れましょう。

 

以上でAll in One SEO Packの設定は完了です。

まとめ

All in One SEO Packの導入から設定方法までを解説しました。

初心者の方でも簡単にサイト内部のSEO対策を行うことができ、今後の検索結果に良い効果をもたらしてくれるはずです。サイト運営で重要になるWordPressプラグインは活用するように心掛け、サイトをコツコツと育てていきましょう!

 

ぶろぐ先生
関連記事も見てみてね〜!