Broken Link Checkerの使い方:リンク切れを一括チェック!

サイト内のリンク切れが簡単に分かる方法は?

リンクをクリックしたのにページにアクセスできない!なんてことを一度は経験されたことがあるのではないでしょうか。

サイトを運営すると、このようなリンク切れに注意しなければいけません。
記事が増えていくと、外部サイトなどのリンクが溜まっていき、管理するのが非常に大変になるかと思います。

そんな時は、サイト内のリンク切れを一括でチェックすることができる便利なプラグインを活用しましょう。リンク先のページが消された場合だけではなく、URLの記載ミスなどがないかをきちんとチェックして正しく修正することが大切です。

今回は、WordPressプラグイン「Broken Link Checker」の導入から使い方までを解説していきます。

ぶろぐ先生
リンク切れを修正して訪問したユーザーに不快な思いをさせないようにしよう!

Broken Link Checkerを導入する

まずは、WordPress管理画面からBroken Link Checkerをインストールしましょう。

プラグインのインストール

ダッシュボードの左のメニューにある
プラグイン」→「新規追加」を選択します。

 

プラグインを追加する画面が表示されたら、
キーワードに「Broken Link Checker」を入力して検索しましょう。

今すぐインストール」をクリックしてしばらく待つと、インストールは完了です。
そのままプラグインを有効化しましょう。

Broken Link Checkerの設定項目

有効化したら、Broken Link Checkerの設定画面を確認しましょう。

ぶろぐ先生
基本的には初期設定のままでも問題ないけど、一応チェックしておこう!

ダッシュボードの左メニューにある
設定」→「リンクチェッカー」を選択すると、設定画面に移ります。

確認しておくべき3つの項目をご説明します。

一般

「一般」ではリンクエラーが見つかると、ステータスに「●個のリンクエラーを発見しました」と表示されます。リンクエラーがない場合は「壊れたリンクはありません」になります。

また、リンクチェックの頻度やリンクエラーが発見された際にメール通知を受け取るかどうかの設定もできます。通知メールアドレス欄が空欄だと、WordPressに設定しているメールアドレスに通知が届くようになっています。

下部の「リンクエラーにカスタムCSSを適用する」にチェックを入れると、エラーのリンクに自動的に打ち消し線が入るようになります。

別のスタイルを適用したい方はCSSを編集しましょう。

含まれるリンクを探す

「含まれるリンクを探す」では、サイト内のどこにあるリンクをチェックの対象にするかの設定ができます。
「投稿」「固定ページ」に限らず、カスタム投稿タイプやカスタムフィールドを使用している方は、ここで設定しておきましょう。

また、どの状態(公開済み、下書きなど)の記事をリンクチェックの対象にするかの設定もできます。
正常にリンクエラーを検出しているかどうかのテストをしたい方は「下書き」にチェックを入れて一度確認してみるのもアリかと思います。

チェックするリンクの種類

「チェックするリンクの種類」では、対象になるリンクの種類を設定します。

当てはまるものがある場合はチェックを入れましょう。

 

以上で、設定項目の確認は終了です。

リンク切れの確認と修正方法

リンク切れを検出したら、WordPressのダッシュボードに表示されます。

また、ダッシュボードの左メニュー
ツール」→「リンクエラー」でも確認することができます。

リンクエラーを修正する

リンクエラーのURL一覧が表示されたら、適切な処理を行っていきましょう。
マウスカーソルを合わせると、処理項目が表示されます。

処理項目

  • URLを編集
    リンク先のURLを正しいURLに書き換えます。
  • リンク解除
    選択したリンクを解除します。
  • リンクエラーでない
    誤検出などで、リンクエラーではないリンクが一覧として表示されていた場合は選択しましょう。
  • 無視
    「リンクエラー」項目では非表示になり、一時的に「無視」項目に移動します。
  • 再確認
    リンクの再チェックを行います。

きちんと処理を行うと、「リンクエラー」一覧にあったリンクの表示が消えるはずです。

定期的にリンクエラーの確認と修正を行いましょう。

まとめ

Broken Link Checkerの導入から使い方までを解説しました。

使い方も非常に簡単なので、是非導入して頂きたいプラグインです。
訪問したユーザーの為に、リンク切れを放っておかないように気を付けましょう!

WordPressプラグインを導入しよう:オススメの9つをご紹介

2018.01.21