EWWW Image Optimizerの設定方法から使い方まで【2018年最新】

EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を教えて。

サイトの表示速度を改善するためにはWordPressの画像圧縮プラグインを活用しましょう。

画像を挿入することで見栄えの良さや分かりやすさをユーザーに与えることができますが、記事が増えていくと画像ファイルの容量が大きくなりサイトの表示速度を下げる原因にもなります。

サイトの表示速度が遅いとユーザーの離脱率が高まりユーザビリティの低下に繋がるため、いち早く改善が必要です。

WordPressではプラグインを使用すれば簡単にサイト内の画像ファイルの容量を圧縮でき、表示速度を改善することができます。
今回は画像圧縮プラグイン「EWWW Image Optimizer」の設定方法から使い方までを解説していきます。

ぶろぐ先生
EWWW Image Optimizerはこれから使用する画像に限らず、既にアップロードしている画像も圧縮してくれる便利なプラグインなんだ!

EWWW Image Optimizerの設定方法

まずはWordPress管理画面(ダッシュボード)から「EWWW Image Optimizer」をインストールしましょう。

プラグインのインストール

ダッシュボードの左のメニューにある「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

 

プラグインを追加する画面が表示されたら、キーワードに「EWWW Image Optimizer」を入力して検索しましょう。

今すぐインストール」をクリックしてしばらく待つと、インストールは完了です。そのままプラグインを有効化しましょう。

EWWW Image Optimizerの設定

プラグインを有効化すると、ダッシュボードの左のメニュー「設定」に「EWWW Image Optimizer」が追加されているのでクリックしましょう。

設定画面が表示されたら、実際に設定を行っていきます。

ぶろぐ先生
設定する項目は少ないので安心してね!

基本設定

基本設定でチェックする箇所は「メタデータを削除」のみです。
最新のバージョンではデフォルトでチェックが入っているはずなので一応確認だけしておきましょう。

画像ファイルにメタデータとして不要な文字列などが含まれていた場合、自動的に削除してくれます。画像ファイルをより圧縮するには欠かせないためチェックをしておきましょう。

高度な設定

高度な設定では基本的には何も触る必要はありません。

バージョンによってはデフォルトで「並列最適化」という項目にチェックが入っていることもありますが、圧縮の際サーバーに大きな負荷が掛かってしまう方のみチェックをしておきましょう。

リサイズ設定

リサイズ設定も特に触る必要はありません。

変換設定

変換設定では「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れます。

チェックを入れていないデフォルトの状態だと「png」→「jpg」、「jpg」→「png」と拡張子を変換されてしまい画像のクオリティを下げる原因に繋がります。

きちんとチェックをし、左下の「変更を保存」をクリックしましょう。

WebP 設定

WebP 設定も触らずそのままで大丈夫です。

 

以上で設定は完了です。

EWWW Image Optimizerの使い方

EWWW Image Optimizerを有効化していればこれからアップロードする画像は自動的に圧縮されます。

しかし、過去にアップロードした画像は圧縮されていない状態ですので全ての画像の圧縮を行う必要があります。

一括最適化

ダッシュボードの左のメニューにある「メディア」→「一括最適化」を選択します。

 

一括最適化画面が表示されたら「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックしましょう。

 

画像がスキャンされたら「最適化を開始」をクリックして実際に圧縮を行います。

 

しばらく待つと、全ての画像が最適化されました。

 

どのくらい圧縮されたのかを確認するには「メディア」から「ライブラリ」を選択し、画像をリスト表示にします。

ぶろぐ先生
結構圧縮されてる!

 

これからアップロードする画像もこのように自動的に圧縮されるので安心してくださいね。

まとめ

EWWW Image Optimizerの設定方法から使い方までを解説しました。

画像を圧縮するだけでサイトの表示速度が改善され、ユーザビリティの向上に繋がります。
また検索エンジンからの評価も上がりSEO的にもプラスになると言われているので、是非この記事を参考にして導入してみてくださいね。