Googleアルゴリズムによる検索順位の大変動【SEO対策】

Google検索順位が大きく変動している原因は?

Google検索順位が定期的に大きく変動しているのをご存知でしょうか。

今記事を書いている現在でもGoogle検索順位は大幅に変動しており、検索順位が上がった方や下がった方などサイトにより様々なようです。

このような検索順位が大幅に変動するのは一体何が原因なのか。また、どのような対策をすれば大変動の波に乗り、検索順位を上げることができるのかを解説していきます。

ぶろぐ先生
サイトを運営する人にとって、検索順位は物凄く重要だよね。

検索順位の大変動とは?

そもそも検索順位は日常的に動いているものです。
このような日々の変動では多少の動きはあっても、大幅に順位が上がることや下がることは珍しいことでしょう。

ぶろぐ先生
特定のキーワードでバズったりした時に一部のサイトの検索順位が大幅に上がることはあるけどね。

このような日常的な変動ではなく、多くのサイトの検索順位が大幅に変動することを「大変動」と呼びます。

最近の検索順位の変動

上の画像は順位変動チェックツール「namaz.jp🔗」で最近の検索順位の変動を表しています。
3月に入った辺りからグラフが伸びており、大きく変動しているのが分かります。ここ1年のデータで見ると、最も規模が大きい変動が観測されています。

この検索順位の大変動は数日に渡って続き、

検索順位が大幅にアップした!やったね!
検索順位が大幅にダウンした。なんでだろう。

などサイトにより、検索順位に良い効果や悪い効果をもたらす場合があります。

このような検索順位の大変動が多くのサイトに影響するのは
Googleアルゴリズムのアップデート」が一番の原因と言われています。

Googleアルゴリズムとは?

Googleアルゴリズム」という言葉をご存知でしょうか。

簡単に説明すると「特定のキーワード検索に対して、たくさんあるコンテンツの中から順位を決めるためのルール」のことを指します。

一昔前までは、情報量の少ないページや信頼性の低いページなども検索結果の上位として表示されていました。Googleはこのような低品質なページが検索結果の上位として表示されるのを防ぐために、日々アルゴリズムの改善に力を入れています。

Googleはユーザーが満足できるようアルゴリズムを定期的に更新し続けているため、アルゴリズムのアップデートがある度に検索順位は大きく変動します。このアルゴリズムが検索順位を決めるための要素は「200通り以上のルールがある」と公表されており、そのルールに適したサイトが検索結果の上位として表示される仕組みになります。

アルゴリズムのアップデート内容によって、検索順位が上がるサイトもあれば下がるサイトもあるってことだね!

これまでのアルゴリズムアップデート例

これまでに行われた代表的なアルゴリズムアップデートの一部をご紹介します。
過去のアップデート内容を知っておくことで、SEO対策を行う上で欠かせない情報を得ることができるので是非覚えておきましょう。

パンダアップデート

パンダアップデートは情報量が多く質の高いページを検索結果の上位として表示し、情報量が少なく低品質なページは下位表示させるアップデートになります。

低品質なページとは情報量が少ないことに限らず、コピーコンテンツなどオリジナリティに欠けるページなども当てはまります。

記事をたくさん書いているのに、なかなか順位が上がらない!」って方は、パンダアルゴリズムによって低品質なページだと判断されている可能性があるということを考えましょう。

ペンギンアップデート

ペンギンアップデートは不正な被リンクを受けているサイトのページの評価を下げるアップデートになります。

これまでリンクされている数が多ければ多い程、良質なコンテンツとして評価されていました。しかし「自作自演によるリンク」や「リンク売買による不正な被リンク」などを行い、意図的に評価を上げるサイトも上位として表示されていたため、このような信頼性の低い被リンクを受けているサイトは評価を下げる対象になりました。

もしも低品質な被リンクを受けている場合は、削除や否認をしておくことを推奨します。

ハミングバードアップデート

ハミングバードアップデートはキーワード検索において、ユーザとの対話型検索を実現するための画期的なアップデートです。

例えば、ある地域で「〇〇駅 周辺 喫茶店」と検索した場合、端末の位置情報を元に周辺の喫茶店や地図などが表示されると思います。このようにユーザーの「検索意図」を読み取ることを可能にしたのがハミングバードアップデートになります。

徐々に音声検索が流行り出している現在では、このハミングバードアップデートの導入が大きな進歩になっていることでしょう。

順位大変動によるSEO対策

Googleアルゴリズムアップデートにより「検索順位が大幅に下がるのでは?」と不安に思われている方も少なからずいらっしゃると思います。しかし、Googleはきちんと良質なコンテンツを検索結果の上位として表示させる改善を日々行っている訳ですから、「E-A-T」を重視したSEO対策を行えば、検索順位が下がるケースは少ないはずです。

アルゴリズムアップデートが起きてからSEO対策をするのではなく、起きる前から事前にSEO対策をしておくことで、大変動の波に乗り検索順位が大幅に上がる可能性も十分に期待できるでしょう。

E-A-T とは

  1. Expertise(専門性がある)
  2. Authoritativeness (権威がある)
  3. TrustWorthiness (信頼できる)

の頭文字をとった「Googleの造語」です。

まとめ

Googleアルゴリズムによる検索順位の大変動について解説しました。

アルゴリズムのアップデートは定期的に行っているため、このような検索順位の大変動からは逃れることはできません。今回の大変動で検索順位が大幅に下がってしまった方はSEO対策を見直す必要があります。

普段から適切なSEO対策と良質なコンテンツを作成することを心掛けていれば、検索順位の大変動を「チャンス」へと変えることができるでしょう。