【必須】Googoleアナリティクスとは?導入から使い方まで:アクセス解析ツール

Googleアナリティクスってなに?サイト運営に必要なの?

サイトやブログを始めた際にアクセス数はとても重要になりますよね。そのアクセス数を調べられるアクセス解析ツールが「Googleアナリティクス」です。

アクセス解析ツールを利用すると、ユーザーに需要がある記事は何か、どうやってサイトに辿り着いたかなどを調べることができ、アクセス数を上げるために必要な情報を得ることができます。

今回はそのGoogleアナリティクスの導入方法から簡単な使い方までを初心者の方でもわかりやすく解説します。

ぶろぐ先生
Googleアナリティクスを活用してアクセス数を上げよう!

Googleアナリティクスとは

冒頭でも言った通り、Googleアナリティクスはアクセスに関する情報を調べることができるアクセス解析ツールです。

無料(※1)で利用することができ、アクセス解析ツールの中でも高機能なことからサイトを運営する多くの方がこのGoogleアナリティクスを活用されています。

サイトのアクセス数以外にも、以下の情報を調べることができます。

  • どの記事が多くの人に見られているのか
  • ユーザーがどこからやってきたのか
  • 使用されたデバイスはパソコンかスマホか

このようなアクセスに関する情報を得ることによって、サイトの改善策を見つけることができます。

例えば、「アクセス数が多い記事はユーザーにとって需要があるから、関連した記事を書こう!」や「スマホからの閲覧が多いからスマホに最適なレスポンシブのサイトを作ろう!」などの対策を考えることができるようになります。

※1 基本的に無料ですが、有料版もあります。有料版(月額130万~)は多くの制限が緩和され、データの反映速度も速くなります。手厚いサポートも付きますが、コストが高いので大規模なサイトを運営する企業向けのサービスでしょう。

Googleアナリティクスの導入方法

Googleアナリティクスを実際に導入してみましょう。手順は非常に簡単です。

導入手順

  1. Googleアカウントを作成
  2. Googleアナリティクスアカウント作成&トラッキングID取得
  3. トラッキングコードを設置

早速やっていきましょう!

Googleアカウントを作成する

Googleアナリティクスを利用するには、 「Googleアカウント」が必要です。

Googleアカウントをお持ちでない方は以下のページから作成しましょう。

Googleアナリティクスアカウントを作成&トラッキングIDの取得

Googleアカウントを作成したら、次は「Googleアナリティクスアカウント」を作成します。

まずはGoogleアナリティクスの公式サイトへアクセスしましょう。

 

公式サイトへアクセスしたら右上の「アカウントを作成」をクリックします。

 

先ほど作成したGoogleアカウントのログイン画面が表示されますので、メールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

 

以下の画面が表示されたら「お申し込み」をクリックします。

 

いくつか設定項目が表示されますので、入力します。

  1. トラッキングの対象:アクセス解析を行う対象を選択します。今回はウェブサイトにGoogleアナリティクスを導入するので「ウェブサイト」を選択します。
  2. アカウント名:Googleアナリティクスを利用する際のお好きな名前を記入します。
  3. ウェブサイト名:Googleアナリティクスを導入するサイト名を記入します。
  4. ウェブサイトのURL:Googleアナリティクスを導入するサイトのURLを記入します。
  5. 業種:サイトに当てはまる業種を選択します。
  6. レポートのタイムゾーン:「日本」を選択しましょう。

 

入力が終わったら、下の「データ共有設定」に進みます。

基本的に全てチェックを入れたままで大丈夫です。
一番下の「トラッキングIDを取得」をクリックしましょう。

すると利用規約が表示されますので、「同意する」を選択しましょう。

 

以上でトラッキングIDの取得は完了です。

トラッキングコードを設置する

トラッキングIDを取得した際、一緒に「トラッキングコード」も発行されています。

このトラッキングコードをサイトに貼り付けることにより、Googleアナリティクスでアクセス解析を行うことが可能になります。

 

ぶろぐ先生
今回はWordPressでのコードの貼り付け方を説明するね!

管理画面のサイドバーにある「外観」→「テーマの編集」を選択します。

 

テーマの編集画面が表示されたら、右側に並んでいるファイル名の中から「header.php」という名前のファイルを探します。

ぶろぐ先生
子テーマを使用している場合は
親テーマのテンプレートを引き継ぎます。」をクリックして「header.php」を探そう!

 

次にheader.phpの中から<head>タグを探し、先ほど取得したトラッキングコードを貼り付けます。

ぶろぐ先生
必ず終了タグの</head>の前に入れてね。あと、親テーマを編集する際はバックアップを取っておくことをオススメするよ!

ここまで完了したら、「ファイルを更新」をクリックします。

以上でトラッキングコードが設置できたので、Googleアナリティクスの導入は完了です。

Googleアナリティクスの使い方

導入が完了したので、実際にGoogleアナリティクスを使ってみましょう。

Googleアナリティクスは高機能なツールのため非常に多くのデータ項目があり、全ての項目をチェックするのは大変なことでしょう。

なので、今回は最低限見るべき項目だけを簡単にご説明します。

ぶろぐ先生
また別の記事で詳しい使い方を解説するので、少々お待ちを!

ユーザーメニュー

ユーザーメニューはサイトにアクセスしたユーザー数やユーザーの地域、使用しているデバイスがパソコンかスマホかをチェックすることができます。

まずは、左側にあるメニュー項目から「ユーザー」を選択し、「概要」をクリックしましょう。

この項目はサイト全体のセッション数やユーザー数を確認することができます。だんだんサイトが見られてくるようになると、右肩上がりでグラフが伸びていきます。

セッション数とは?
サイトにアクセスしてから離脱するまでの一連の行動を指します。同じユーザーがサイトにアクセスしてからサイト内のページを巡回した場合でも、セッション数は「1」となります。

続いて、ユーザーメニューから「モバイル」を選択し、「概要」をクリックしましょう。

この項目はユーザーの使用しているデバイスがパソコンかスマホかを確認することができます。サイトのカテゴリによって使用されているデバイスの割合が変わってくるでしょう。

ここでスマホを使用しているユーザーの割合が多いと、スマホから見ても最適なサイトを作成するなどの改善策を考えることができます。

集客メニュー

次は、集客メニューをご紹介します。

集客メニューではユーザーがどうやってサイトに辿り着いたのかを調べることができます。例えば「Google検索でアクセスされた」や「他サイトのリンクからアクセスされた」などが分かります。

集客メニューから「すべてのトラフィック」を選択し、「チャネル」をクリックしましょう。

表示される単語の意味を理解しておくと良いでしょう。

  • Organic Search:Google、Yahooなどで検索してアクセス
  • Referral:他サイトのリンクからのアクセス
  • Direct:URLを直接入力したり、ブックマークからのアクセス
  • Social:TwitterやFacebookからのアクセス
  • Display:バナー広告からのアクセス
  • Paid Search:リスティング広告からのアクセス
  • Other:その他のアクセス

行動メニュー

最後に、行動メニューをご紹介します。

行動メニューではユーザーのサイト内での動きを把握することができます。最低限、「ランディングページ項目」を押さえておきましょう。

ランディングページとは?
ユーザーが一番最初に訪れたページのことを指します。サイトの入口となり、ユーザーにサイトの第一印象を与えます。

行動メニューから「サイトコンテンツ」を選択し、「ランディングページ」をクリックしましょう。

このように各ページのURLが表示されます。「/」(スラッシュ)はトップページを指します。

ここでサイトの入口となったページを調べることにより、どのページを最適化していけば良いのかを判断することができるようになります。

 まとめ

Googleアナリティクスの導入方法から簡単な使い方までを解説しました。

アクセスを分析することによって「サイトの改善策」を見つけ、次に自分がやるべきことが見えてくるはずです。今回は導入方法メインの解説でしたので、次回はより詳しくGoogleアナリティクスの中身を解説していきたいと思います。