SEO対策「キーワード選び」のやり方【初心者向け】

SEOにおいてキーワード選びって重要なの?

あなたが今書こうとしている記事はターゲットを明確に定めていますか?

サイトの訪問数を上げるためには検索エンジン経由でのアクセスが重要になり、検索結果の上位表示を狙う日々のSEO対策が欠かせません。

そのSEO対策の一つに「キーワード選び」というものがあります。

どのようなキーワード検索で自分のサイトに辿り着いてほしいのかを意識し、ユーザーのターゲットをあらかじめ定めておくことが今後のアクセス増加に繋がります。

ぶろぐ先生
初心者の方に向けてわかりやすく解説していくね!

キーワード選びとは

キーワード選びを簡単にご説明すると、ユーザーの検索意図とマッチするキーワードを用い、コンテンツを最適化するということです。

例えば、あなたがカフェや喫茶店に関する記事を作成するとします。

その中で「カフェ」や「喫茶店」という1つのキーワードでは桁違いに検索ボリュームが多く、競合サイトもたくさん存在します。
このような単一キーワード、ビックキーワードで上位表示することができればアクセスも大幅に増えることは間違いありませんが、難易度が高い上に上位表示を常にキープすることはなかなかできないものです。

そこで「複合キーワード」を選定します。

先ほどのカフェで例えると「カフェ 渋谷」「カフェ 落ち着く」などの関連したキーワードを選定し、ターゲットの幅を絞ります。それにより、競合サイトも先ほどの単一キーワードよりも圧倒的に少なくなることから検索結果の上位を狙いやすくなります。
また、ユーザーの検索意図とマッチしやすいことによりコンバージョン率の向上も期待することができるようになります。

コンバージョン率とは?
サイト上の広告経由で実際に商品購入や資料請求などをしてもらうことをコンバージョン(成果)と呼び、アクションを起こしたユーザー数と実際に成果を果たしたユーザー数の割合をコンバージョン率(成約率)で表す。

キーワード選びで意識する点

初心者の方が適切なキーワードを選ぶ上で意識する点を3つご紹介します。

競合の少ないキーワードを選ぶ

「検索ボリュームが多い」=「よく検索されている」キーワードは競合サイトも多いため、サイトを始めたばかりの初心者の方が上位表示を狙うには少々ハードルが高いでしょう。

そのため大規模なサイトやサイト経験者などがターゲットにしないようなキーワードを選定し、コンテンツの作成を行った方が初心者の方でも成果に繋げやすいかもしれません。

しかし、ユーザーに需要のないキーワードではまったくアクセスされないため、比較的検索ボリュームが多く競合の少ないキーワードを見つけることが重要になります。

まずは競合の少ない複合キーワード(ニッチキーワード)を意識し、短期間での効果を実感しましょう。

選定したキーワードを一貫させる

アピールしたい表現がバラバラだと、ユーザーだけではなく検索エンジンに対しても迷いを与えてしまいます。

例えば「格安」「高級」などのキーワードを混在させることは基本的にはしません。
また、アルファベット表記かカタカナ表記なのかでも検索結果に差が出てしまいます。

選定したキーワードを一貫させることを意識し、ユーザーと検索エンジン両方にとって最適なコンテンツを作成しましょう。

3つ以上のキーワードでターゲットをより具体的に絞る

3つ以上の単語を組み合わせたキーワードのことを「ロングテールキーワード」と呼びます。

ロングテールキーワードはユーザーの検索意図をより具体的にし、ターゲットを特定します。それにより、競合サイトが少なく上位表示を狙いやすいといった特徴があります。
また、ユーザーが必要としている情報とマッチしやすいことによりコンバージョン率も高くなります。

最近ではユーザーも目的の情報を正確に得ようといくつかの複合キーワードを用いて検索することも増えてはいますが、ターゲットを特定したことにより検索数も少なくなってしまいます。
そのため、2つのキーワードの組み合わせで上位表示を狙いつつロングテールキーワード(3つ目のキーワード)での成果を拾っていくことが重要になるでしょう。

キーワード選びのやり方

初心者の方でも簡単なキーワード選びのやり方をご紹介します。

よく検索されているキーワードを調べる

書きたい記事の内容を大まかに決めたら、軸となるキーワードから関連するキーワードを調べていきます。

サジェスト

軸となるキーワードをGoogle検索してみましょう。

サジェストキーワード

このように検索欄に単語を入力するとサジェスト機能により関連したキーワードが表示されます。

 

関連するキーワード

そして検索結果の一番下までスクロールします。

関連するキーワード

ここでも関連するキーワードが表示されています。

 

この中からキーワードを選び、記事作成を行いましょう。

キーワードをリストアップしておくと今後役立つかもしれません。
サジェストで表示されるキーワードをcsvでまとめてダウンロードできるツールはこちらです。

 

ぶろぐ先生
キーワードはタイトルや見出し、文中に自然に散らばせることが重要!

の記事を参考にしてみてね。

SEOに効果的な記事の書き方:6つのポイント【検索結果の上位を目指そう!】

2018.03.25

まとめ

SEOにおいて重要なキーワード選びについて解説しました。

ユーザーの検索意図を読み取りコンテンツを作成することが自然とSEO効果を上げることに繋がります。検索エンジンとユーザーの両方を意識して記事作成に取り掛かりましょう。