パーマリンクとは?WordPressでの設定方法【SEOに関係する!?】

パーマリンクってなに?設定するメリットは?

WordPressで記事投稿を行う際に必ずやっておくべきパーマリンクの設定。

サイトを始めたばかりの初心者の方は「パーマリンク」という言葉を聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。知らずにデフォルトの状態で記事投稿をしている方は意外と損をしているかもしれません。

パーマリンクとは一体どういうものなのか。また、理想的なパーマリンクの設定方法を解説していきます。

ぶろぐ先生
パーマリンクは記事投稿を行う上で重要!初心者の方は是非覚えておこう!

パーマリンクとは

パーマリンクを簡単にご説明すると「サイトの各ページごとに与えられた個別のURLの一部」のことを指します。URLはインターネット上の住所と言われているように、各ページを特定するためにはパーマリンクが欠かすことができません。

この記事のパーマリンクは「permalink」の部分になります。

本来WordPressのデフォルト状態で記事投稿をすると、この「permalink」の部分が「?p=123」のように意味のない数字や記号で設定されてしまいます。

ユーザーに対して記事の内容が簡潔に伝わるようなパーマリンクを設定することが重要です。

パーマリンクを設定するメリット

パーマリンクを設定するとユーザー、検索エンジンの両方に対して良い効果をもたらします。

ユーザーに対してのメリット

URLはリンクされたときに限らず、検索結果にまで表示されるものです。

URLを見ただけで記事の内容が分かるようにパーマリンクを設定すると、ユーザーの関心を引くことができ結果的にクリック率の向上に繋がります。

サイトのユーザビリティを上げるためにパーマリンクを設定しましょう。

検索エンジンに対してのメリット

自動生成される「?p=123」のようなID形式のパーマリンクや、構造が複雑で長すぎるパーマリンクはクローラーがページの内容を認識できない可能性があります。

シンプルで意味のある単語をパーマリンクに設定し、クローラーにスムーズにページを認識してもらうことでSEO効果も高まるでしょう。

理想的なパーマリンク

では、理想的なパーマリンクとは具体的にどういうものなのか。

これからご紹介する2つの点だけ抑えておきましょう。

長すぎずシンプルに記事の内容を伝える

Googleがガイドラインでパーマリンクについて解説しているので見てみましょう。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。(中略)
特に複数のパラメータを含む URL など、過度に複雑な URL は、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数の URL を不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります。その結果、Googlebot で必要以上に帯域幅を消費したり、サイトのすべてのコンテンツをインデックスに登録できないことがあります。
引用元:シンプルなURL構造を維持する

このようにGoogleが公式にシンプルなURL構造を推奨しています。

例えばワードプレスやSEOについて書いた記事であれば、パーマリンクに「seo」「wordpress」という単語を含めることにより記事の内容をユーザーが理解できるためクリック率も上がります。

また、長すぎる複雑なURLはクローラーが記事を認識しにくいことも書かれてあり、SEOにも影響を与えてしまう可能性があるということも頭に入れておいた方がいいでしょう。

日本語は使わない

パーマリンクは日本語も使用することができます。

一見、日本語の方がユーザーに分かりやすいのでは?と感じる方もいると思いますが、日本語はシェア(リンク)された際に問題が生じてしまいます。

このようなURLを見かけたことはありませんか?

https://example.com/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%…

日本語のパーマリンクはリンクされた際にエンコードされてしまい、上のような意味のない文字の羅列で表示されます。

これではユーザーが何について書かれてある記事なのかを判断することが不可能になり、結果的にクリック率の低下に繋がってしまうでしょう。

WordPressでのパーマリンク設定

WordPressでのパーマリンク設定のやり方をご説明します。

WordPressの管理画面の左メニューにある「設定」→「パーマリンク設定」を選択します。

カスタム構造にチェックを入れ「/%postname%/」と入力し、左下の「変更を保存」をクリックしましょう。

 

これで記事投稿をする際にパーマリンクを編集することが可能になります。

ぶろぐ先生
絶対に記事を投稿する前にパーマリンクの編集を忘れないこと!

途中でパーマリンクを変更しない

記事を投稿した後にパーマリンクを変更すると様々な所に影響が出てしまいます。

  • SEO効果がリセットされる
  • SNSでのシェア回数がリセットされる
  • 外部からのリンクがアクセスできない状態になる

検索エンジンにインデックスする際もパーマリンクを含めたURLで行っているため、変更すると今まで蓄積したSEO効果もリセットされてしまいます。SNSでのシェア回数も同様です。

また、他サイトにリンクされていた場合もパーマリンクを変更するとアクセスできない状態になるためその都度リダイレクト処理を行わなくてはいけません。

手間が掛かる上に様々なリスクが発生するため、パーマリンクは途中で変更しないように心掛けましょう。

まとめ

パーマリンクやWordPressでの設定方法について解説しました。

WordPressで記事投稿を行う際はパーマリンクの編集を絶対に忘れないようにしましょう。

初心者の方でどのように設定したらいいか分からない方は是非この記事を参考にして理想的なパーマリンク設定をしてみてくださいね。