記事作成のスピードを上げる:ライティングのコツ【初心者向け】

記事作成に時間が掛かる…。
スピードを上げるにはどうしたらいい?

サイト運営において、記事の更新は欠かさずに行いたいですよね。
サイトを始めたばかりの最初の内は思うように記事が書けず、時間だけが経過してしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

良質な記事を書こうと意識すると、尚更手が止まってしまいがちです。しかし、自分の書いた記事に納得できなくても、閲覧したユーザーにとっては満足のいく内容になっていることもあるので、最初の内はあまり考えずにとにかく記事を量産していくことが大切です。

記事作成に時間が掛かってしまう方は、突発的にライティングに取り掛かっていませんか?
もう一度、現在の記事の書き方について見直してみましょう。

今回は、記事作成のスピードを上げるライティングのコツをいくつかご紹介しますので、是非参考にして頂けると幸いです。

ぶろぐ先生
記事作成のスピードを上げて、更新頻度を高めよう!

記事を書く前の情報収集を欠かさない

記事作成に時間が掛かる方は、書こうとしている内容や構成などを頭にインプットしていない状態でライティングを始めていませんか?

記事作成において、情報収集は欠かすことができません。
書く内容を決めたら、まずはそのテーマに関する情報を調べることから始めましょう。事前にリサーチする時間を設定し、記事全体の構成をある程度定めた上で取り掛かることで、自然と手が止まらずに執筆できるはずです。

また、情報収集をせずに記事作成に取り掛かることは、執筆速度の低下どころか、記事の質を下げることに繋がります。きちんと正しい情報をリサーチし、どんな風に書いていくのかをあらかじめ考えてから記事作成に取り掛かりましょう。

先に見出しを決めておく

情報収集をし全体の構成を定めたら、先に見出しを決めましょう。

あらかじめ見出しを決めておくことで、より具体的に記事の流れを掴むことができます。
要は、見出しはゴールまでの道しるべになります。後は、その道しるべに沿って記事を書き進めることで、途中で何を書けばいいのかといった迷いもなくなり、着実にライティングを行うことができるでしょう。

見出しが複数ある場合は、それぞれに掛ける時間をあらかじめ設定し「時間を意識した作業」を行うことで、自然と記事作成のスピードも上がるはずです。

ラフに書き起こす

わかりやすく、丁寧な文章を書くのって意外と難しいですよね。

最初から完璧な文章を書こうと意識すると、思うように手が動かない方も多いと思います。そういった方は、まずはラフに書き起こしていくことから始めてみてください。自分の言葉で書くことで、頭にインプットした情報をそのまま文章にしていくことができるはずです。

最終的に、言い回しや前後の文章が一貫しているかなどのチェック・修正を行えばいいので、まずは気楽にライティングしてみましょう。

よく使うHTMLタグなどは登録しておく

記事の装飾を行う際に、HTMLタグやショートコードなどを多用する方も多いでしょう。

頻繁に使用する文字を毎回手入力するのは、正直時間のロスです。特に、HTMLに慣れていない方やタイピングの遅い方は、より時間が掛かってしまいます。

WordPressでは文章やHTMLタグなどを登録し、1クリックで挿入できる便利なプラグインがあります。タイピング速度を上げることも大事ですが、こういったプラグインを活用することで簡単に作業速度を向上させることができます。

AddQuicktagの使い方:作業速度を上げるプラグイン

2018.06.22

画像・ライティングの作業を分ける

アイキャッチ画像に限らず、内容をわかりやすく説明する為に文章内に画像を多用する方も多いでしょう。

「最初に画像を挿入した方が記事のイメージが浮かび、ライティングしやすい」「ライティングが終わった後に画像を挿入している」など、様々な方がいると思います。どちらも画像を挿入(作成)する作業とライティングの作業を分けられていれば、問題ありません。

ライティングをしながら画像を挿入したり作成することは、効率が悪く、スピードを下げる原因に繋がってしまうので、きちんとそれぞれの工程を分けることが大切です。

PCとスマホの両方でチェックを行う

ライティングや画像の挿入が終わったら、最後にチェックを行います。

誤字脱字や文章の改行、画像の挿入位置などを、もう一度見直してみましょう。そしてチェックをする際は、PCとスマホの両方から行うことが大切です。

PCとスマホでは大きく見え方が異なります。スマホから見ると「もっと改行をした方がいい」「画像幅を変えたほうが見やすい」など、PCだけでは見えなかった修正箇所が色々と出てくるはずです。

どの端末で閲覧しても問題がないように、チェック・修正を行いましょう。

まとめ

記事作成のスピードを上げるライティングのコツをご紹介しました。

限られた時間の中で記事を書き続けることは中々できないものです。また、サイトを始めたばかりの初心者の方は、これから独自のライティング方法が身に付き、おのずとスピードも上がっていくと思いますので、そこまで心配する必要はありません。

この記事が少しでも皆さんのライティングのプラスになれたら嬉しいです。

SEOに効果的な記事の書き方:6つのポイント【検索結果の上位を目指そう!】

2018.03.25