プライバシーポリシーの書き方:サイト運営で必須!【雛形有り】

プライバシーポリシーの書き方を知りたい。

サイト運営をする上で欠かせないページの1つ「プライバシーポリシー」

プライバシーポリシーを明記しないと規約違反になるサービス(アフィリエイト広告、アクセス解析ツールなど)もある為、今あなたが利用しているサービスの利用規約をきちんと把握しておく必要があります。また、お問い合わせページを設置している方は個人情報を取り扱う訳ですから、「適切な取り扱いを行う」旨を記載しなければいけません。

これから「サービス別の明記必須な項目」「サイト運営において明記すべき項目」の2つに分けて解説していきます。

あなたのサイトのプライバシーポリシーに記載しなければならない項目を見つけましょう。

ぶろぐ先生
記事の最後に、コピペして使えるプライバシーポリシーの雛形を載せておくね!

プライバシーポリシーは本当に必要?

プライバシーポリシーは個人情報を取り扱うサイトにはなくてはならないものです。

冒頭でもご説明したお問い合わせページでは、「氏名、メールアドレス」などを収集することができますし、アクセス解析ツールを使用している方はご存知かと思いますが、「何処からアクセスされたのか(地域)、年代や性別、使用しているデバイス」などのデータを収集することができます。

プライバシーポリシーを明記する事で、個人情報の取り扱いでのトラブルをあらかじめ防ぐことができる上に、訪問したユーザーもプライバシーポリシーがあることで安心してサイトを閲覧することができます。

広告やアクセス解析ツール、お問い合わせページなどは、サイト運営をしている方にとっては欠かせないものですので、ほぼ全てのサイトにプライバシーポリシーが必要になるでしょう。

サービス別の明記必須の項目

これからご紹介するサービスは、サイト運営において利用している方も多いと思います。
しかし、これらのサービスを利用する際は、各サービスが定めた情報をきちんとプライバシーポリシーに記載する必要があります。

ぶろぐ先生
引用部分は長いから流し見で大丈夫!
引用部分から必要な情報だけを簡潔にまとめてみるから、そっちをよく読んでね!

 

Google Analytics

7.プライバシー

お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、訪問者からの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。この情報の開示は、「ユーザーが Google パートナーのサイトやアプリを使用する際の Google によるデータ使用」のページ(www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/や、Google が随時提供するその他の URL)へのリンクを目立つように表示することで実施可能です。お客様は訪問者の端末上での Cookie やその他の情報の保存や、そうした情報へのアクセスについて、そうした行為が本サービスに関連して発生する場合、およびかかる行為に関する情報の提供と訪問者からの同意が法律で求められている場合は、訪問者に明確かつ包括的な情報を提供し、同意を得るように商業上合理的な努力を払うものとします。

引用元:Google アナリティクス利用規約

Googleアナリティクスを利用する場合には、以下の情報を記載する必要があります。

  • データ収集のために、Cookieを使用していること
  • Googleアナリティクスを利用していること
  • Googleアナリティクスでのデータの収集や処理される仕組みについて

Cookie」をわかりやすくご説明すると、ネット通販などで商品をショッピングカートに追加した後にブラウザを閉じたとしても、カートの中に商品が残ったままの状態になっていると思います。あれは、Cookieの機能で「ユーザー情報をブラウザに保存している」ということです。

ユーザーのプライバシーに関係する問題なので、Cookieを使用していることは記載必須になります。

 

Google AdSense

サイトのプライバシー ポリシーについて

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。

  • 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
  • これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。

引用元:コンテンツポリシー 必須コンテンツ:AdSense ヘルプ

Googleアドセンスを利用する場合には、以下の情報を記載する必要があります。

  • Googleを含むアドセンス広告主は、Cookieを使用して適切な広告をユーザーに表示していること
  • 広告設定又は、www.aboutads.infoでパーソナライズ広告の表示に使用されるCookieを無効にできること

こちらもGoogleアナリティクスと同様、Cookieに関する情報を記載する必要があります。

パーソナライズ広告」とは、過去にアクセスしたサイトの情報から、ユーザーの興味がある情報を表示させる広告のことです。調べている内容に関連した広告がよく表示されるのは、Cookieが影響しているということになります。

 

amazonアソシエイト

10.乙がアソシエイトであることの表示

乙は、本規約、乙によるアソシエイト・プログラム・コンテンツの使用または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行その他の発表または広告もしないものとします。乙は、本規約により明示的に許可される以外に、甲と乙との関係について不実の表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含みます。)をせず、甲と乙またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言を適時変更することがあります。

引用元:Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

Amazonアソシエイトを利用する場合には、Amazonアソシエイトを利用している事を知らせるための文言を記載する必要があります。

決められた文言をコピペして記載するだけなので、他よりも難しく考えなくて済むと思います。

Amazonアソシエイトと同様によく利用されているサービス「楽天アフィリエイト」は、特に記載必須の情報はない様です。楽天アフィリエイト パートナー規約

サイト運営において明記すべき項目

続いて、サイト運営において明記すべき項目をいくつか挙げてみます。

サイト運営をしていると、いつ何かしらの問題に遭遇するか分かりません。あらかじめトラブルを防ぐために、以下の情報を記載しましょう。

個人情報に関すること

これまで散々書いている様に、サイト運営は個人情報を取り扱います。

ユーザーの不安を和らげる為に「当サイトは適切な取り扱いを行っています」ということを知らせてあげましょう。

CHECK

  • 個人情報の管理
  • 個人情報の利用目的
  • 個人情報の第三者への開示

著作権

自分のサイトで使用したテキストや画像などを無断で使用することを禁止するために、著作権について記載しましょう。

また、文章の適切な引用であれば著作権侵害に当たらないため、「引用の範囲であれば、問題ありません」という一言を付け加えてあげると、やさしい書き方かもしれません。

引用のルール:他サイトの文章を使用する際の注意点【著作権】

2018.05.14

免責事項

免責事項は、サイト運営者が何かしらの問題が生じた際に責任を免れるために記載します。

例えば、オススメの商品のリンクを設置している場合、そのリンクから商品を購入したユーザーが同等の効果を得られるかは保障できません。あくまでも「購入する際は自己責任」という事を記載することで、事前にトラブルを防ぐことができます。

また、長い間サイト運営をしていると、記載した情報が古くなり、現在とは違った情報になる可能性もあります。これらのことをサイト訪問者に理解してもらうための文章を記載しましょう。

プライバシーポリシーの雛形

これまでに解説した項目を全て含めたプライバシーポリシーを作成してみます。

コピペして使用して頂いて問題ありませんが、あくまでも雛形のため、あなたのサイトに合う様に修正してお使いください。

個人情報の管理

個人情報を取り扱うにあたっては、「個人情報の保護に関する法律」をはじめとする個人情報の保護に関する法令、ガイドラインおよび本プライバシーポリシーを遵守いたします。

個人情報の利用目的

当サイトでは、訪問者様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 本人のご了解がある場合
  • 法令に基き、開示が必要となる場合

 

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

Cookieを無効にし、収集を拒否することも出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。詳しくはこちらをご参照ください。

当サイトの広告について

当サイトでは「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」「A8net」などのアフィリエイトプログラムや第三者配信広告サービス「GoogleAdsense」を利用しています。

GoogleAdsenseでは広告配信プロセスにおいてデータを収集するために、Cookieを使用しています。GoogleでCookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。

Cookieを使用しないように設定するにはこちらをご参照ください。

また、当サイトはamazon.co.jpなどを宣伝し、リンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

著作権について

当サイトに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。

著作権法により認められている引用の範囲である場合を除き「内容、テキスト、画像等」の無断転載・使用を固く禁じます。

免責事項

当サイトに掲載されている情報に関しては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

また、当サイトには外部サイトへのリンクが含まれています。これらの外部サイトのコンテンツに対して一切責任を負いません。

掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

ぶろぐ先生
是非、コピペして使ってみてね!

また、重複コンテンツとして扱われない為に、プライバシーポリシーのページはインデックスさせない様に設定することをオススメするよ!

まとめ

プライバシーポリシーの書き方について解説しました。

個人情報の取り扱いに関しては年々厳しくなっている傾向にあるため、プライバシーポリシーの記載を欠かすことはできません。サイトに訪問したユーザーとの関係を定めることで、双方にとって安心できる環境が生まれます。

是非、この記事を参考にしてプライバシーポリシーをサイトに設置してくださいね。