レンタルサーバーとは?役割や種類を学ぼう【WEBサイト初心者向け】

レンタルサーバー
WEBサイトを公開するにはレンタルサーバーに契約しないといけないの?

これからサイトやブログを始めようとしている方は最低限知っておかないといけない「レンタルサーバー」について。レンタルサーバーはWordPressでサイトを始める際に必ず必要になるものです。

サイト初心者の方は、サーバーに契約してサイトを開設することに少々ハードルを高く感じてしまうかもしれませんが、最低限の知識さえ頭に入れておけば問題ありません。

レンタルサーバーとは一体どのような役割を持つのか。また、レンタルサーバーの種類などを初心者の方でもわかりやすく解説していきます。

ぶろぐ先生
レンタルサーバーの基礎知識を知っておこう!

レンタルサーバーってなに?

ほとんどの人はサーバーという言葉を耳にしたことがあると思います。

しかし、実際にどういうものなのか、いまいち理解できていない方も多いと思いますので、まずはそのサーバーについて簡単にご説明します。

サーバーとは

サーバー

普段我々が利用しているインターネット。
いまあなたがこのサイトを見れているのも「サーバー」というものが大きく関係しています。

例えば、あなたが興味のあるものを検索してWEBサイトを閲覧するとします。
そのあなたの要求に基づいて情報を提供することがサーバーの役割です。

普段使っているパソコンやスマートフォンから欲しい情報をリクエストして、サーバーを通じて欲しい情報を受け取る。

簡単に説明すると、これだけです。

このサーバーを自ら構築したり、運営することも可能ではありますが、高度な知識が必要になりますし、一日中管理しなければなりません。しかし、レンタルサーバーを利用すれば、誰でも簡単にWEBサイトを多くの人に提供することができるようになります

情報を受け取る側(パソコンやスマートフォン)のことをクライアントと呼ぶ。

レンタルサーバーの役割

レンタルサーバーとは文字通りサーバーを借りる(レンタル)ということです。
サーバーを貸し出している業者をレンタルサーバー業者と呼びます。

レンタルサーバーを利用してサイトを公開する

レンタルサーバーの役割

レンタルサーバーを利用してWEBサイトを公開する場合、レンタルサーバー業者の運営するサーバーにファイルを転送し、アップロードします。ユーザーはそのサーバーにアップロードされた情報にアクセスすることによって、WEBサイトの閲覧が可能になるのです。

WordPressでWEBサイトを始める方は、同時に「ドメイン」も取得しなければいけません。
情報の場所であるドメインと情報を保存するサーバーが揃うことで、初めて多くの人にWEBサイトを公開できるようになります。

 

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーといっても、様々な種類があります。
これから紹介する2種類は最低限知っておくべきでしょう。

共有サーバー

個人でWEBサイトを始める多くの人は、この共有サーバーを利用します。
簡単にご説明すると、「一つのサーバーを複数のユーザーで利用するサービス」のことをいいます。

複数のユーザーで利用するので他のユーザーによってサーバーに負荷がかかるなど弱点はありますが、なによりコストが安く、簡単に利用できるのが最大の利点です。

また、サーバーの管理などは業者側で行うので、専門的な知識も必要ありません。

専用サーバー

専用サーバーとは、複数のユーザーで利用する共有サーバーと違い、「一つのサーバーを単独で利用できるサービス」のことをいいます。
一つのサーバーを専有できるので、他のユーザーからの影響を受けることはありません。

しかし、共有サーバーと比べ料金が高く、サーバーの設定などもユーザーで行う必要があるので、それなりの専門的な知識が必要となります。大規模なサイトを運営する企業向けのサーバーといえるでしょう。

 

ぶろぐ先生
共有サーバーを利用してWEBサイトを始めよう!
中には無料のレンタルサーバーもあるんだ。
へぇ〜、無料のレンタルサーバーもあるんだ。
誰でも簡単に利用できるね!
ぶろぐ先生
でもね、無料なのはそれなりのデメリットがあるんだよね。

 

無料レンタルサーバーのデメリット

無料サーバーの悪い点は以下のようなことが挙げられます。

  • 容量が少ない
  • 独自ドメインが使えない
  • 広告が付く
  • 表示が遅い(回線速度)
  • サポートが弱い
  • 商用利用不可
  • サービス終了の恐れ

 

無料サーバーによって様々ですが、何かしらのデメリットは伴うでしょう。
これなら月1000円程度(※業者によって様々)の有料レンタルサーバーを利用したほうが将来的にも安心と言えますね。

 

なるほどね。
レンタルサーバーはなんとなくわかったけど、サーバーにファイルを転送するのってどうすればいいの?
ぶろぐ先生
そう。WEBサイトを公開するには、サーバーに転送する必要があるね!

ただし、WordPressを使用すると、わざわざファイルを転送する作業をしないでいいんだよ!

 

FTPクライアントってなに?

サーバーにファイルを転送するために使うソフトウェアのことをFTPクライアントと呼びます。

WordPressを使用する場合、サーバーにファイルを転送する作業をしなくても大丈夫ですが、今後何かしらで「FTP」という単語を聞くことがあるかもしれないので、簡単にご紹介しておきます。

FTPとは

FTPとは「File Transfer Protocol」の略で、日本語にするとファイル転送プロトコルという意味になります。プロトコルは、通信する際の決まり事(規約)ということです。

FTPという通信方法を使うことで、クライアントとサーバーのやり取り(送受信)が可能になります。

FTPクライアントにも色々な種類があり、有料のものや無料のもの、Windowsのみ対応やMacのみ対応のものなどが存在します。

もし、ダウンロードするときは、使いやすさやOSの確認をすると良いでしょう。また、FTPクライアントは無料のものでも十分なので、まずは無料のFTPクライアントから試してみましょう。

まとめ

レンタルサーバーの役割や種類などを解説しました。

WEBサイトを公開するにあたってレンタルサーバーは欠かせないものです。
レンタルサーバーを契約する際は、「性能の良さ」「管理画面の使いやすさ」などを見比べながら、自分に合ったものを選択するように心掛けましょう。