W3 Total Cacheを設定してサイトの表示速度を上げる【WordPressプラグイン】

WordPressサイトの表示速度を上げる方法は?

サイトの表示速度を改善するためにはWordPressのキャッシュ系プラグインを活用しましょう。

キャッシュとは、一度表示したデータを保存する機能のことです。キャッシュを使用することで再度同じページを訪問した際により速くページを表示してくれるため、表示速度の高速化には欠かせないものとなります。

今回は複数のキャッシュに対応し、他のキャッシュ系プラグインの中でも高機能な「W3 Total Cache」の導入から設定方法までを解説していきます。

ぶろぐ先生
WordPressでサイト運営をしている方は是非「W3 Total Cache」を活用して表示速度を改善してね!

W3 Total Cacheのインストール

まずはWordPress管理画面(ダッシュボード)から「W3 Total Cache」をインストールしましょう。

プラグインのインストール

ダッシュボードの左のメニューにある「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

 

プラグインを追加する画面が表示されたら、キーワードに「W3 Total Cache」を入力して検索しましょう。

今すぐインストール」をクリックしてしばらく待つと、インストールは完了です。そのままプラグインを有効化しましょう。

W3 Total Cacheを有効化すると、ダッシュボードの左のメニュー欄に「Performance」という項目が追加されるはずです。

W3 Total Cacheの設定方法

追加された「Performance」にカーソルを合わせると複数の設定項目が表示されますが、全てをチェックする必要はありません。

表示速度を上げるための重要な項目のみを設定していきます。

General Settings

General SettingsではW3 Total Cacheで行えるキャッシュ設定の有効化/無効化を行うことができます。

複数ある設定項目から「General Settings」を選択しましょう。

ぶろぐ先生
今回設定するのは、ここだけ。
各キャッシュを有効化するだけでも効果はあるんだ!

 

選択すると、このような設定画面が表示されると思います。

 

ここでチェックする項目は「Page Cache」と「Browser Cache」です。この2つを設定するだけでも表示速度は改善されます。

  • Page Cache=「ページの表示速度を高速化する上で欠かせないキャッシュ」
  • Browser Cache=「ユーザーがサイトに訪問した際ユーザーのブラウザ上にキャッシュを保存する。2回目以降の訪問時、より早くサイトを表示する役割を持つ。」

 

Page CacheとBrowser Cacheの「Enable」にチェックを入れ、キャッシュを有効化しましょう。
Page Cache項目のPage Cache Methodがきちんと「Disk:Enhanced」になっているかの確認を行ってください。

ぶろぐ先生
初心者の方はこれ以外の「Minify」「Database Cache」「Object Cache」項目は無効化にしておくことをオススメするよ!

各項目の詳細設定も行うことは可能ですが、大規模なサイトを運営している方以外はまずはこの大まかな設定で運用してみましょう。

知識がある方は、自分のサイトに合うように細かく設定してみてくださいね。

キャッシュの削除

各キャッシュを設定し、サイトのデータを保存することで表示速度を改善することができます。

しかし、古いデータが保存されたままの状態だとサイトを更新しても更新内容が反映されない場合があるため、定期的にキャッシュを削除するようにしましょう。

Dashboard

ダッシュボードの左のメニューにある「Performance」→「Dashboard」を選択します。

 

表示された画面の上部にある「empty all caches」をクリックするだけで全てのキャッシュを削除することができます。

サイトのデザインを大きく変更したり、記事の内容を更新した場合にはキャッシュの削除を忘れないようにしましょう。

まとめ

W3 Total Cacheを使用してサイトの表示速度を改善する方法を解説しました。

表示速度が遅いとユーザーの直帰率が大幅に高まり、コンバージョン率の低下に繋がります。また近年ではSEOにとっても効果的だと言われており、いかに表示速度の改善が重要なものかが分かります。

今回ご紹介したキャッシュ系プラグイン以外にもサイト内のデータを圧縮するプラグインなども活用し、サイトの表示速度の改善に心掛けましょう!