【2018年版】WordPressのオススメ有料テーマ6選:ブログ&アフィリエイト向け

結局のところWordPressのテーマはどれがオススメなの?

WordPressでWEBサイトを始める際に重要になってくるテーマ選びについて。

テーマ選びはサイトの見た目を決めるだけではありません。ブロガー向け、アフィリエイター向け、企業向けなどテーマごとに様々な特徴があります。

今回は「ブログ向け」と「アフィリエイトサイト向け」のオススメの有料テーマをご紹介します。
テーマごとの特徴を抑えて、あなたが作りたいサイトをイメージしながらテーマを選択しましょう。

ぶろぐ先生
沢山のWordPressテーマがあるから、どれを使おうか迷っちゃうよね〜。

無料テーマより有料テーマを使うべき?

WordPress初心者の方は、間違いなく有料テーマを使うべきです。

そもそもなぜ有料なのかと言うと、デザインが無料テーマより優れていることだけではなく、

  • SEO対策をしっかりしている
  • レスポンシブ対応(スマホ表示最適化)
  • サイトのカスタマイズがしやすい
  • サイト運営に置いて使うであろうショートコードが充実している
  • サポートがしっかりしている

など、メリットがたくさんあるためです。

また、有料テーマははじめから美しい見た目のサイトで始めることができるため、デザインにかける時間を減らし、記事を書くことだけに集中することができます。

それなりに知識がある方は、無料テーマでもカスタマイズ次第で有料テーマと変わらないサイトを作ることができるでしょう。

 

ブログ向けオススメテーマ

最初にブログ向けのオススメのテーマをご紹介します。

これから紹介するテーマはWordPressユーザーから非常に人気のあるテーマで、使っている方もたくさんいます。「個性が出しづらいのでは?」と疑問に思われる方もいると思いますが、カスタマイズ次第で他と差をつけることはいくらでも可能です。サイトのデザインよりは、良質な記事を書くことを重点に置いてサイトを作っていきましょう。

STORK

STORK

ブロガー専用WordPressテーマ「OPENCAGE」のテーマです。
カスタマイズをしなくても、はじめからポップで可愛らしいデザインのサイトを作ることができ、WordPress初心者の方でも使いやすいテーマとなっております。レスポンシブ対応でスマホからの見た目も美しく、記事を書く際によく使われるであろうショートコードも最初から揃っています。「手っ取り早くサイトを作って記事を書きたい!」という方にオススメです。

ぶろぐ先生
このサイトでもOPENCAGEのテーマを使用しているよ!

OPENCAGEはSTORK以外にも3種類のブログ向けテーマを販売しています。

無駄を省いたシンプルな「ALBATROS(アルバトロス)」、アニメーション機能を搭載した「Hummingbird(ハミングバード)」、洗練されたデザインの「SWALLOW(スワロー)」、そしてモバイルファーストでスマホからの見た目に拘った「STORK(ストーク)

価格の差は、アニメーション機能の有無、スマホからの見た目、ナビゲーションメニューのデザインといったところでしょうか。どのようなサイトを作りたいのかを考え、自分に合ったテーマを選びましょう。

 

SANGO

サルワカ🔗」を運営するCatNoseが作成したSANGO
2017年に登場し話題になったこのテーマ。特徴は何と言っても一目を置くオシャレなデザインです。ついついサイトを巡回したくなるような居心地の良いサイトを作ることができ、もちろんのことレスポンシブ対応です。先ほど紹介した「STORK」と比べると、ショートコードの数が圧倒的に多く、マテリアルデザインに拘り、読者を飽きさせないための工夫が色々な所に詰め込まれています。

見出しやボタン、ボックス、箇条書きのデザインが他のテーマと比べると圧倒的に多いので、同じテーマでも他と違う個性的なサイトを作ることが可能になります。

一見、「サイトのカテゴリが絞られるデザインなのでは?」と感じる方もいると思いますが、サイトカラーやフォントなどのカスタマイズ次第で様々なカテゴリに対応できるテーマでしょう。

マテリアルデザインとは?
「わかりやすさ」を追求した、ユーザーが直感的に操作ができるデザインのこと。

 

MAG

MAG

豊富な種類のWordPressテーマを販売している「TCD🔗」のテーマです。
先に紹介したブログ向けテーマよりもシンプルかつ洗練された見た目で、ユーザーが読むことに集中できるデザインになっています。

MAGではオリジナルのクイックタグが充実しており、記事投稿画面から小見出しのデザインや、囲み枠、リンクに飛ばすためのボタン設置など、1クリックで挿入できるので初心者の方でも簡単にユーザーが見やすい記事作成を行うことができます。また、ウィジェット管理画面からプロフィールを作成し、設置することができるのも魅力的な機能です。

可愛らしい見た目のブログよりも、「シンプルでスマートなブログを作りたい!」という方にオススメのテーマです。

 

アフィリエイトに特化したテーマ

次にアフィリエイトサイト向けのオススメのテーマをご紹介します。

アフィリエイトで成果を上げるために必要なことは、SEO対策をしっかりすることはもちろん、ユーザーがわかりやすく読みやすいサイトを作ることが重要になります。多くのユーザーにとって需要があるコンテンツかどうかを重視してサイトを作っていきましょう。

AFFINGER4

AFFINGER

AFFINGER4はサイトで広告収入を得るアフィリエイトに特化したテーマです。
AFFINGER4を購入すると特典で「稼ぐサイトの設計図」というアフィリエイトで稼ぐためのマニュアルが付いており、「広告収入で稼ぎたい!」という方には最もオススメなテーマです。

アフィリエイトに特化しているだけあり、SEOに強いのはもちろんのこと、記事を書くスピードを上げるクイックタグが標準装備されていたり、商品のランキングを簡単に表示できる機能も搭載しています。

ブログ向けテーマ(STORKやSANGO)と比べると、シンプルな見た目でユーザーも読みやすいデザインになっているため、オシャレで可愛らしいサイトを作ることは難しいかもしれません。しかし、AFFFNGER4は他のテーマと比べて管理画面からできるカスタマイズ項目が非常に多いので、自分の個性が存分に出せる高機能なテーマでしょう。

 

ELEPHANT2

ELEPHANT2はブログマーケッターのJUNICHIさん🔗が販売するWordPressテーマです。
来て欲しいページへの導線が作りやすく、ユーザーがついついサイトを巡回してしまうような見た目のサイトを作ることができます。

一見、「ブログ向けのテーマなのでは?」とデモサイトを見た方は思うかもしれませんが、JUNICHIさんはブログを使った集客&収益のプロの方で、そのノウハウが詰め込まれているELEPHANT2は、ブログとアフィリエイトサイトの両方に対応しているテーマと言えるでしょう。

また、テーマ購入すると特典で、JUNICHIさんが運営するブログマーケティングスクール🔗に6ヶ月間無料で在籍することができ、WEBサイトで稼ぐノウハウを得ることができます。

今まで紹介したWordPressテーマよりも値段は高めになっていますが、特典込みのELEPHANT2は値段以上の価値を発揮するテーマであること間違いないでしょう。

 

Atlas

Atlas

Atlasは記事の書きやすさを重視したアフィリエイトに特化したテーマになっています。
ランキング表示やボタン設置、商品比較の表など、アフィエイトサイトには欠かせないものが記事投稿画面からクリック一つで挿入することができ、アフィリエイト初心者の方でも使いやすいことが魅力的なテーマです。

  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に基づく表記
  • プロフィールについて

また、上記のアフィリエイトサイト運営に欠かせないページも最初から付いてくるため、テーマ導入後、記事を書くことだけに集中することができるのも良い点でしょう。「手っ取り早くアフィリエイトサイトを作りたい!」という方にオススメするテーマです。

 

まとめ

ブログ向け、アフィリエイトサイト向けのオススメのWordPressテーマをご紹介しました。

テーマごとに様々な特徴があることを知り、自分がどのようなサイトを作りたいのかをイメージすることができたと思います。サイトの見た目はユーザーにとって見やすいサイトを作る上で必要なことですが、最も重要なのは良質なコンテンツを作ることです。

今回ご紹介したオススメのテーマを使い、サイト運営を成功させましょう!