【WordPress】XMLサイトマップを作成してSearch Consoleに登録するやり方

XMLサイトマップってなに?作成した方がいいの?

WordPressでブログやサイトを始めた際にまず行うべきXMLサイトマップの作成について。

WEBサイトを始めたばかりの方は、「XMLサイトマップ」という単語を聞いたことがない方も多いのではないでしょうか。

簡単にご説明すると、XMLサイトマップ=「検索エンジンにサイト内の記事を巡回してもらうために欠かせないもの」になります。

今回はそのサイト運営に欠かせないXMLサイトマップの作成からGoogle Search Consoleに登録するまでの手順をご説明します。

ぶろぐ先生
WEBサイトを始めたらまずXMLサイトマップをSearch Consoleに登録しよう!

WordPressではプラグインを使うと初心者でも簡単にXMLサイトマップの作成ができるんだ。

 

XMLサイトマップとは

xmlサイトマップとは

XMLサイトマップとは、WEBサイト内のすべてのURLを記述するxml形式のファイルのことです。冒頭でも言ったように、XMLサイトマップは検索エンジンにサイト内の記事を巡回してもらうために欠かせないものになります。

このXMLサイトマップをサーチコンソールに登録すると、検索エンジンにいち早く「この記事を見て!」と知らせることができ、検索エンジンはXMLサイトマップにより正確にサイト内のクロール(巡回)を行うことが可能になります。

また、検索エンジンがページをインデックスするまでに掛かる時間が大幅に短縮されるので、いち早く検索結果に反映させることができるでしょう。

インデックスとは?
クローラーが収集したWEBサイトのデータを検索エンジンのデータベースに登録すること。検索エンジンにインデックスされて初めて検索結果に反映される。

HTMLサイトマップとの違い

XMLサイトマップの他に「HTMLサイトマップ」というものがあります。
よく色々なサイトで「サイトマップ」というページが使われているのを目にしたことはありませんか?

HTMLサイトマップとは、主にサイト内の記事をユーザー向けにまとめたページとなっており、ユーザーが見たい記事を探しやすくするために設置するものです。

HTMLサイトマップにはSEO的な効果はないと言われておりますが、ユーザビリティを向上するためには設置した方が良いでしょう。

  • XMLサイトマップ:検索エンジンに対してサイト内の記事をまとめたもの
  • HTMLサイトマップ:ユーザーに対してサイト内の記事をまとめたもの

WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法

WordPressでXMLサイトマップを作成するときは、プラグインを活用しましょう。

Google XML Sitemaps」というプラグインはWordPressユーザーでも利用者が多い人気のプラグインです。このプラグインを使うと、記事を投稿した際に自動でサイトマップを更新し、自動で検索エンジンにお知らせしてくれるので、初心者の方でも簡単にサイトマップを扱うことができます。

それでは、Google XML Sitemaps の使い方をご説明します。

プラグインをインストール

まずは、Google XML Sitemapsをインストールします。

WordPressの管理画面を開き、サイドバーにある「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

ぶろぐ先生
わかる方は飛ばして見てね〜

 

キーワードに「Google XML Sitemaps」を入力して検索すると、下の画像のように検索結果に表示されます。

今すぐインストール」を実行し、プラグインを有効化しましょう。

設定画面を表示

インストールが完了したら、設定画面を表示します。

管理画面を開き、サイドバーにある「設定」→「XML-Sitemap」を選択します。

ぶろぐ先生
これから設定に入るけど、触らなくていい項目も多いから安心して!

基本的な設定

一番上の項目「基本的な設定」はデフォルトのままで大丈夫です。ちゃんとチェックが入っているか確認しましょう。

チェック項目の説明

  • Notify Google…=「サイト更新時にGoogleに知らせる」
  • Notify Bing…=「サイト更新時にBingに知らせる」
  • サイトマップのURLを…=「検索エンジンにサイトマップの場所を正確に知らせるもの」
  • Try to automatically compress…=「サイトマップを圧縮する」

Additional Pages

こちらの項目も設定不要です。

デフォルトではサイトマップに含まれないページを含めたい場合にURLを登録することができます。基本的に使用することはないでしょう。

投稿の優先順位

検索エンジンに対して優先的にクロール(巡回)を行って欲しいページを設定することができます。コメント数が多いページが優先的に巡回して欲しいページとは限らないので、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れましょう。

また、細かい優先度の設定は後ほどできますので安心してください。

Sitemap コンテンツ

サイトマップに含めたいページの設定が行えます。サイトマップに含める=「検索エンジンにインデックスして欲しい」と言うことですので、価値の低いページはチェックを外しましょう。上から4つ目のカテゴリーページまでにチェックを入れると良いでしょう。

最終更新時刻を含める。」にはチェックを入れたままにしておきます。

Excluded Items

サイトマップに含みたくないカテゴリーがある場合、チェックを入れます。基本的には触る必要はないかと思います。

また、カテゴリー以外にも個別に記事や固定ページも含みたくないページとして設定ができます。価値の低いページがある場合のみ設定しましょう。

Change Frequencies

検索エンジンに対してそれぞれのページがどのくらいの頻度で更新されるかを知らせます。先ほどの「Sitemap コンテンツ」でチェックをしていない価値の低いページは更新頻度を下げておくと良いでしょう。

このサイトでは上の画像のように設定しています。

優先順位の設定 (priority)

サイト内のページの細かい優先度を設定することができます。ホームページや個別記事は優先度を高くし、インデックスする必要がないページは「」に設定すると良いでしょう。

ぶろぐ先生
設定を更新」を押したら、Google XML Sitemapsの設定は終わりだよ!

次は作成したサイトマップをSearch Consoleに登録しよう!

Google Search Console にサイトマップを登録

XMLサイトマップの作成が完了したら、「Google Search Console」に登録します。
登録することで、検索エンジン(Google)がXMLサイトマップに記述されているサイトの情報の巡回を行ってくれるようになります。

Search Consoleを開く

まずはSearch Consoleにアクセスします。

ぶろぐ先生
利用を開始するにはGoogleアカウントにログインする必要があるよ!

サイトのURLを入力して追加

Search Consoleにアクセスすると、URLを入力する画面が表示されます。

ここにサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」を押しましょう。

サイトの所有権の確認作業

続いて、入力したサイトが本当にあなたのサイトなのかの確認作業があります。
ここでは、HTMLタグを使用する方法をご説明します。

HTMLタグを使用する方法

「別の方法」タブを選択し、「HTMLタグ」にチェックを入れます。すると、metaタグが表示されるはずなので、丸々コピーしましょう。

テーマの編集画面を表示

WordPressの管理画面のサイドバーにある
外観」→「テーマの編集」を選択します。

 

headタグ内にコードを貼り付け

テーマの編集画面が表示されたら、右側に並んでいるファイル名の中から「header.php」という名前のファイルを探します。

ぶろぐ先生
子テーマを使用している場合は
親テーマのテンプレートを引き継ぎます。」をクリックして「header.php」を探そう!

次にheader.phpの中から<head>タグを探し、先ほどSearch Consoleから取得したコードを貼り付けます。

ぶろぐ先生
終了タグの</head>の直前に入れると良いよ!あと、親テーマを編集する際はバックアップを取っておくことをオススメするよ!

ここまで完了したら、「ファイルを更新」を押します。

 

Search Consoleで確認

Search Consoleに戻り「確認」を押すと、サイトの所有権の確認作業は完了です。

所有権が確認されました。」の文字が表示されるはずなので、チェックしてみましょう!

サイトマップの追加

ようやく作成したXMLサイトマップを登録していきます。Search Consoleのダッシュボードにある「サイトマップ」を選択しましょう。

続いて、「サイトマップの追加/テスト」を押します。

ぶろぐ先生
ここでXMLサイトマップのURLを入力する欄が表示されるよ!

サイトマップのURLを入力して送信

サイトマップのURLは「Google XML Sitemaps」の設定画面の上の方に表示されているので、確認しましょう。(WordPress管理画面の「設定」→「XML-Sitemap」)

このURLを先ほどの入力欄に記入して、「送信」を押しましょう。

ぶろぐ先生
実際に入力するのは、「sitemap.xml」だけだね!

登録完了!

アイテムを送信しました。」の文字が表示がされていれば、サイトマップの登録は完了です。

しばらく待つと、このような画面が表示されるはずです。

左側の青い色のバーが「送信されたコンテンツ」、右側の赤い色のバーが「インデックスされたコンテンツ」になります。

サイトを始めたばかりだと、インデックスされるまでに「数日〜1週間以上」かかる場合もざらにあります。
なかなか赤色のバーが表示されず不安になる方もいると思いますが、定期的に記事更新をし続けていれば一気にインデックスされるはずなので気長に待ちましょう!

まとめ

自分の書いた記事が検索結果に表示されるようになると、ワクワクしますよね。

今回解説したXMLサイトマップの作成からSearch Consoleに登録するまでは、WordPressでサイトを始めた際に必ず行うべき作業の一つです。

良質な記事を書いて、検索結果で上位を目指しましょう!